経済的なコンクリ工事

予約の確認をする

コンクリート工事を経済的に行うには

建築工事や土木工事等で頻繁にコンクリート工事が行われていますが、コンクリート工事を行う為には当然の事として費用が発生します。コンクリート工事の進め方や手配の方法によっては発生する費用が異なります。経済的に工事を進める為に行うべき事を記述します。 全体的な打設数量が多い場合は何回かに分割してコンクリートを打設するのですが、様々な検討を行い打設回数を少なくする事が大切です。その訳はコンクリート工事を行う際には機械や機材の費用が必要となります。そして作業員に対してももその都度必要人数に見合った人件費が必要なので、その費用を最小限にするためです。そして、生コンの材料費も打設するごとにロスが生じますので、そのロスも控える為です。

工事に必要な費用を想定する。

コンクリート工事を行う際の費用ですが、一般的には材料費・人件費・機械器具費を想定すると算出できます。 材料費に関しては強度やセメントの種類、混和剤の種類によって異なり、1万5千円〜2万円程度が見込まれますが、生コン業者に確認すると確実に単価がわかります。その単価に必要数量を掛けますと材料費が算出できます。 人件費に関してですが、これも依頼先によって異なるのが現状です。想定する場合には一人当たり1万5千円から2万円程度を想定しておくと良いです。 機械・器具の費用に関しては、生コンを圧送するためのポンプ車の費用や締固めを行う為のバイブレーターの費用を算出しておくと良いです。ポンプ車に関しては地域の組合、バイブレーターに関してはリース会社によって値段が異なりますので確認が必要です。

Copyright © 2015 解体工事などの大規模な工事の際に心掛けておくべきこと. All Rights Reserved.
Design by Megapx
Template by s-hoshino.com
このエントリーをはてなブックマークに追加