落雷対策のために

ポイントを教える

様々な避雷針工事の費用

落雷対策として最も知られているのが避雷針です。建物の保護や建物内における機材の保護、あるいは不安解消からなる心身の保護にも十分な効果を発揮するものです。現在国内における避雷針設置義務は、建築法や消防法によって義務付けられています。避雷針工事を行う際にかかる費用は様々で、大きな施設や工場に新設すると400万円を超える費用となることがあります。一般家庭における新設の避雷針工事では120万円前後が相場となっています。避雷針工事には、移設工事や撤去工事あるいは点検なども行っています。移設工事の場合40万円前後の相場、撤去工事の場合20万円前後の相場、点検の場合6万円前後の相場となっています。非常に大まかな相場でありますが、設置場所や建物の構造、避雷針の種類によって大きく相場が変化するものとなります。

工事内容と高額な理由について

避雷針工事では、様々な工事内容があります。それによって工事費用が高額となってしまい、更には工事期間も長くかかってしまう特徴があるのです。新設する際、避雷針を設置するために、接地工事を行わなければなりません。また、大きな施設であればあるほど、建注工事を行わなければなりません。避雷針を設置した後に行われる作業として、アース線配線工事や接地抵抗測定があります。この二つの工事は移設や交換などでも必ず行われるものとなります。建物によっては、危険物を取り扱っている事もありそれらの保護対策も行われます。避雷針工事で忘れてはならないのが、高所の作業である事です。時には高所クレーン、時には足場を用いた工事となる為、これらにかかる費用も大きく占めているものとなっています。

Copyright © 2015 解体工事などの大規模な工事の際に心掛けておくべきこと. All Rights Reserved.
Design by Megapx
Template by s-hoshino.com
このエントリーをはてなブックマークに追加